活性酸素を抑制させるにはミトコンドリアがキーポイント!

活性酸素が増えると、体の細胞を攻撃して癌などの元を作り出してしまう・・・だから活性酸素を除去しよう!と最近はよく耳にしますよね。やはり、活性酸素を除去する安全で効果が期待できるのは水素。

では活性酸素を発生させないようにするには?

ストレスや紫外線、タバコや大気汚染など増える要因は多々ありますが、もっと元をたどれば活性酸素を作り出してしまっているのはミトコンドリア。このミトコンドリアを減らせば活性酸素も減らせる?

いえいえ、実はその逆でミトコンドリアが増えれば活性酸素も抑制されます。

加齢やストレスなど様々な要因によりミトコンドリアの働きが悪くなると活性酸素が発生しやすくなります。しかし、元気なミトコンドリアは活性酸素を抑えてくれます。ですから、元気なミトコンドリアをたくさん作り出せれば若返りも夢ではありません!

ミトコンドリアを増やすためには?

ミトコンドリアの研究をされている日本医科大学の太田教授は①やや強めの有酸素運動をする②背筋を伸ばす③寒さを感じる④空腹を感じる・・・これらがミトコンドリアを増やすためには効果的だとおっしゃっています。

①のちょっときつい有酸素運動は例えば早歩きや階段を上り下りしたりする運動です。

③は冷え性で常に寒いと感じている・・・とかではありませんよ。わざと背中を冷やしたりして体に負荷を与えると体を守るためにミトコンドリアが増える仕組みです。また、④のように常に満腹の状態ではなく「あ~お腹が空いた~」と思う時間を作ってあげることです。

ミトコンドリアはエネルギーを作り出す細胞。このように、エネルギーが足りないとミトコンドリアが感じると増える傾向にあります。お野菜でも寒くしたり水分を控えめにしたりと少しのストレスを与えてあげるとより強くておいしく育つと言いますからね。

活性酸素を除去することを考えることに加えて活性酸素を発生させないこと・・・運動をする、1日に1度はお腹をすかせる・・・など、ミトコンドリアを増やす生活も考える必要があるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です