紫外線対策で水素水を飲もう!

紫外線は、日本では1年のうち5月から8月が最も強いと言われています。

環境の悪化によってオゾン層の破壊が進むことで、年々紫外線の量は増えつつあります。

これからの季節は、特に紫外線対策が重要ですよね。

人間は、呼吸で酸素を取り入れるため、体内に反応性の高い活性酸素が生じます。

活性酸素はDNAなどの遺伝子構造に変化をもたらすため、体内には通常はそれらの活性酸素を除去する仕組みがありますが、紫外線などで体内に活性酸素が増えすぎると、除去できずに遺伝子が損傷した細胞がどんどん増えていきます。

紫外線によって増えた活性酸素は、細胞内で遺伝子構造に異常をもたらし、シミ、そばかすやシワなどの肌の老化をはやめ、さらに皮膚がんなどのリスクを高めます。

そこで水素水を飲むと、水素は分子が小さく細胞内の隅々にまで浸透し、最も毒性が高い悪玉活性酸素のヒドロキシラジカルが、水素(H)と結びついて水(H2O)となって体外に排出されるので、水素水を飲むことで、細胞内の悪玉活性酸素を除去し、シミ、そばかすやシワなどの肌の老化や皮膚がんなどのリスクを軽減してくれます。

紫外線の害を被っているお肌には、夜水素風呂にゆっくり浸かることも、活性酸素の除去をしてくれるので、とても良いことです。

色々な効果が期待できる「水素水」に、紫外線対策まで期待できることは心強いですよね。

水素水が有効だと言っても、今まで通りの日焼け止めクリームやお化粧、また日傘や帽子、手袋などの紫外線対策は忘れずに行ってくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です