ペットにも水素水を飲ませよう!

活性酸素を取り除く水素の力が、ペットの病気にも効果が期待できるかもしれないと注目を集めています。

活性酸素は色々な病気や老化、肌のトラブルなどを起こすとされていますが、動物も同じでこれは呼吸をして生きている生物は、活性酸素を体内でつくり出していると言えます。人と同じく動物も老化により活性酸素が増えることがわかっていて、それにともなって動脈硬化や糖尿病、皮膚炎や腎疾患などの病気を起こします。

また飼い主が喫煙者だと副流煙の吸引以外にも、ストレスや運動不足、ペットフードに入っている添加物なども体の中で活性酸素を増やす原因になります。

アレルギーやアトピー、腎疾患、皮膚炎などのトラブルを抱えている犬や猫に水素水を飲ませたり点滴をしたら改善の効果が確認できたという獣医師もおられます。

治療薬が見当たらない腎不全を発症した犬や猫に水素水を投与してみたら、食欲回復や一定の進展効果が見られた症例も存在します。

また、水素水を飲んだ効果としてうんちの臭いや体臭、口臭などが少なくなったという声もあります。毛のつやがよくなったと感じる飼い主も多いです。消化器官の洗浄化や代謝を促すので、慢性的な皮膚疾患や下痢などによいとされています。

今はたくさんの獣医が水素水を治療に取りいれようとしていて、水素水が犬や猫などのペットに与える効果が確実にあるというデータが報告される日も近いともいえます。

ペットも人と同じように、習慣的に水素水を摂りこむことによって健康的な状態をキープできるはずです。

水素水は無味無臭ですから、いつものお水に水素をチャージするだけです。

ペットに水素水を与えることは全く問題ないですが、ミネラルウォーター以外の水でなければいけません。人には美味しく良い効果があると言われる硬度の高い水は犬や猫などのペットには下痢や泌尿器系の疾患を起こしてしまう可能性があります。ミネラルは犬や猫などのペットにも必要な栄養素ですが、過剰な摂取は病気のリスクや健康に悪影響を及ぼします。

特に腎臓が悪い犬や猫にミネラルを含んだ水を与えると、ナトリウムなどが蓄積して悪化してしまいます。犬や猫などのペットには、ミネラルゼロのお水が理想的です。

普通の水道水に水素をチャージすれば問題ありません。

散歩にでかけたときの水分補給にペットボトルとSUIFULLを持っていくと便利です。

ペットも大切な家族の一員なので、水素水で健康になって一緒に長生きしたいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です