子どもにも水素水を飲ませよう!

子どもにも水素水を飲ませて大丈夫?

優れた抗酸化力によって様々なメリットをもたらしてくれる水素水。

大人はもちろん、子供にも水素水を飲ませたいと考える方は多いと思います。

しかし「子供に水素水を飲ませても大丈夫なの?」と心配する人が多いのも事実です。

子供にもどんどん飲ませよう!

水素水には副作用がありません。それもそのはずで、水素は空気中にもありますし、私たちが普段飲んでいる水も水素と酸素が結合したものです。

子供に水素水をたくさん飲ませて過剰摂取になってしまったら…と考える気持ちも分かります。しかし過剰に取り込まれた水素は呼吸などと一緒に体外に排出されるため、全く問題はありません!

体の発育のためにも子供にはぜひ水素水を飲ませたいですね。さまざまな効果のある水素水、赤ちゃんのミルクをはじめ、子供にも飲める為、家族みんなで愛飲できる事が特徴です。

ただ幼児は内臓機能の発達が未熟なのでちょっとした刺激に影響を受けてしまう事も少なくありません。

水素水を与える時は出来るだけ軟水を与えてください。充填式のSUIFULLなら軟水やお茶に充填できるので、子供や赤ちゃんにも安心です。しかし、赤ちゃんにはアルカリイオン製水器で作った水はアルカリ性になっているので、あまりおすすめできません。スティックタイプでマグネシウムを材料にして作る水素水生成器で作った水素水も、子供や赤ちゃんにはおすすめできません。それと、ミネラルを多く含むものです。ミネラルは多くとりすぎると、大人でもお腹が緩くなったりすることがあるので、とくに消化器官が未発達な乳幼児には様子をみつつ、与えたほうがいいかもしれません。

子どもに水素水を与える際の注意点について
・pH値は中性(アルカリイオン水は避ける)
・硬水よりも軟水
・ミネラルを多く含んだ水は避ける
・マグネシウムで作るタイプの水素水は避ける

幼児には1日どれくらい水素水を与えてもいいの?

一般的に人間が必要とする水分量は1.5リットルと言われていますが、これは勿論大人の場合です。
幼児の場合は1日1リットル程度、また汗をかいたりしたらその都度飲ませるようにします。水素水を与える場合は水と同じように与えれば良いので、数値から行くと1リットル程度与えても大丈夫という事になりますが、なかなか水ばかり飲んでいるのは嫌がってしまう子も少なくありません。1回飲めばなんとかなるものではなく、やはり重要なのはコンスタントに飲み続ける事が必要なので、周りの大人は工夫する必要があります。
水の状態で嫌がるのであれば、お茶やジュースに水素を充填して飲ませてみましょう。

飲めないのであれば料理に使えば良いという考えも出てきますが、実は加熱調理は注意が必要です。水素は加熱すると周りの酸素と結合して消えてしまいます。
水素水を摂取する時は飲むか、お風呂に水素水をちょい足しして皮膚から吸収するのが最適です。

水素水を子供に飲ませることでアレルギーが減るケースも!

基本的に水素水は全年齢対象と言っても過言ではないくらいにどの年代の方でも効果的に使っていくことができる健康飲料となっています。
アトピー性皮膚炎,肥満症,アレルギーや肌荒れ,病弱体質
子供のこういった悩みや体のトラブルを改善していきたい!という時に水素水は役立つこと間違いなしですので、与えてみながらしばらく様子をみてその効果のビフォーアフターをご自身の目で確かめてみるのがよいかと思います。

最近はアトピーをはじめ、いろいろなアレルギーを持った赤ちゃんやお子さんも多くなっていますが、水素水はアレルギーなどにも改善効果があることが報告されています。
アトピーの治療にはステロイド剤など副作用が心配になる薬が使われることも多く、親としても不安がありますが、水素水には副作用がありませんから、安心して使うことができます。

頭まで良くなっちゃうの!?

水素には記憶力がアップしたりすると新聞発表もありましたし子供に水素水を飲ませている学習塾もあります。実際、水素水を飲むと脳内の活性酸素が普通の水を飲んだ場合に比べて27%も減少したと、平成20年に東邦大学で発表されました。水素水こそ子供に飲ませたい飲み物ではないでしょうか。

活性酸素はいたるところで発生しますが、水素水はその小さい分子のおかげで、どこまでも入り込んで行って活性酸素をやっつけてくれます。
そのお陰で血行が良くなるのですが、脳の中も細胞のすみずみまで血管が酸素や栄養を運んでいますから、血行が良くなれば必然的に細胞も活性化します。
脳梗塞や動脈硬化に対して効果があるというのも、この理由からですが、子どもであっても脳内の血行がよくなって、活性酸素が除去されると、脳内がリフレッシュして細胞の活動が活発化します。これは、脳の機能を十分に使えるということなので、記憶力や集中力のアップという形であらわれてきます。脳も使い続けると疲れるものです。集中力が途切れてしまうのも、根を詰めていると頭がボーっとしてくるのも、脳が酸欠になったり疲労がたまったりしているから。

水素水を飲むことで、それがスッキリするという訳ですね。

受験生がいるご家庭では、是非お子様の勉強の合間にSUIFULLで作りたての高濃度水素水を飲ませてあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です