水素が癌の予防に効果的!

「癌(がん)」は、日本人の死因の3割を占めます。近年では早期発見の重要性が広まり、癌は治らないというイメージがなくなってきているものの、発症した場合には死を覚悟しなければならないイメージもまだあります。ここでは癌の水素の効果や関係についてお話しします。

どうしてがんになるの?

わたしたち人間の体は全て細胞で構成されており、細胞は普通に生活しているだけで、常に刺激や毒性のある物質(活性酸素等)などにさらされています。刺激などで傷ついた細胞は、自己回復し、元通りになる力があります。しかし、細胞の持つ回復力をはるかに超えるダメージを受けると、傷ついた部分が回復できず、細胞自身が正常な働きをしなくなったり別の働きをするようになってしまいます(皮膚のシミなど)。

さらにダメージが重なったり大きくなったりすることで、傷ついた細胞が、がん細胞に変わってしまうことがあります。これががんの始まりです。

がんは早期発見が大切ですが、何よりも、がん細胞を作らせないよう、日々の健康管理に気をつけることが大切です。

がんを防ぐため、日常生活の中で、以下のことを意識しましょう。

・たばこは吸わない・他人のたばこの煙をできるだけ避ける

・お酒はほどほどに・バランスのとれた食生活を・塩辛い食品は控えめに

・野菜や果物は不足にならないように・適度に運動・適切な体重維持

・ウイルスや細菌の感染予防と治療・定期的ながん検診

・身体の異常に気がついたら、すぐに受診する

水素の一番の効果は、水素の並外れた抗酸化力です。

生活習慣の乱れから活性酸素が増加し細胞内の遺伝子にダメージを与えることが原因となる癌には、水素の活性酸素の除去・抑制する働きががん予防に効果的と考えられます。

水素は癌の治療にも高い効果を発揮してくれます。現在の癌治療には、手術、放射線、抗がん剤の治療が一般的です。抗がん剤治療や放射線治療においては、副作用が伴うことが多くあります。水素ががん治療にも効果があるのは、この副作用も活性酸素が原因だからです。

抗がん剤が体内に入ると大量の活性酸素を生み出し腎臓機能に大きなダメージを与えてしまいます。そこに水素水を摂取することで腎機能への負担を軽減できるという報告がされています。

放射線治療でも、体内の水分と放射線が反応し大量の活性酸素が発生し、正常な細胞を傷つけ体力を奪っていきます。この副作用も水素水の摂取で軽減されることが判っています。

水素には癌そのものに予防効果があるとともに、癌治療に生じる副作用もにも効果を発揮します。また、癌治療だけでなく生活習慣病の予防にも有効なので、普段の生活に水素を取り入れることをおすすめします。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です