水素水はアトピー性皮膚炎の改善にも有効!

アトピー性皮膚炎に対して水素水の効果

水素水を利用(飲んだり塗ったり)して、症状の改善が見られたケースが数多くあるようです。

実際に重症アトピー性皮膚炎の小児患者さんの治療に水素水を使用している皮膚クリニックもあります。

そのクリニックでは、1日2回の水素水の塗布を数週間続けた結果、明らかに症状が回復して驚くほどの効果があったようです。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因は、発症した各個人で違う場合が多い為、明確な原因がハッキリとしている訳ではないようですが、その原因となる可能性が高いものとしては以下のような事があげられるようです。

偏った食事、食生活の乱れ

精神的なストレス

ほこり、大気汚染

紫外線

上記原因を並べてみると、活性酸素が増加する原因と酷似しているという事が分かります。

アトピー性皮膚炎と活性酸素の関係を調べてみると、症状が悪化していく原因は過酸化脂質の増加によるものだという事が分かってきました。

過酸化脂質とは活性酸素と脂質が結合してできる物質、これが皮膚の保湿機能を奪い症状を悪化させてしまうようです。

過酸化脂質によって肌のバリア機能も低下し、その結果ハウスダストなどの接触性刺激にも弱くなってしまうのだそうです。

こうした事から、活性酸素がアトピー性皮膚炎の原因の1つであることは間違いなさそうです。

皮膚炎になり炎症が起こってしまうと、炎症が起こった部分には活性酸素が発生し細胞を傷つけてしまうので、さらに炎症が広がっていくという悪循環になってしまいます。

アトピー性皮膚炎に水素水は有効なのか?

結論として、水素水の利用はアトピー性皮膚炎に対して有効だと考えられます。

アトピー性皮膚炎の原因は人それぞれと言われています。ですので、全ての人に対して水素水が根本的な原因の排除にはなるとは言えないかもしれません。

しかし、水素水で活性酸素を除去する事によって皮膚の炎症を抑える事ができる事は確かなようです。

さらに原因の1つである過酸化脂質の発生も活性酸素の除去により抑える事ができます。

過酸化脂質の発生を抑えて炎症を沈静化できれば、症状の改善に役立つと言えると思います。

また、アトピー性皮膚炎が発症した方は抗酸化物質を活性化する力が弱いと言われています。

普段から水素水を利用し抗酸化物質を補い、活性酸素の発生を抑制する事でアトピー性皮膚炎の発生、進行を予防する事はできるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です