インフルエンザの予防に水素水が効果的!!

日ごとに寒さが身にしみる頃となってまいりました。季節の変わり目で体調を崩す人も増えています。

今年のインフルエンザは例年より早めに流行する予想。過去10年の患者報告数から気になる兆候が見えてきています。

例年12月から3月にかけて流行していますが、昨年は少々早い12月13日からインフルエンザ流行の兆しが見られました。

今シーズンは昨年よりもさらに早めの流行となり、都内では昨年よりも2か月以上早い流行、沖縄では9月にもかかわらず警報発令がでていました。

くしゃみなどの飛沫で感染し、感染力が強いといわれますが、発症する人としない人がいます。それは免疫力の違いです。

感染していても免疫力の高い人は発症しないのです。

インフルエンザの予防には、免疫力を高めること大切です。免疫力は、悪い生活習慣や食生活の乱れ、体を冷やすことなどで低下しがちです。

質の良い睡眠をとり、暴飲暴食を避け、栄養価のたかいものを食べ、体を温かくして、常日頃から免疫力を高めていると、風邪やインフルエンザのウィルスが体に入ってきても発症しません。

それと、乾燥させないよう、のどを潤し、部屋の湿度をあげておくことも、抗インフルエンザ菌対策になります。さらに免疫力を高めるには、「腸内環境」が大切と言われています。免疫細胞の7割は小腸の終わりから大腸にかけて(腸内フローラ)に存在しています。腸内環境を整えるには、乳酸菌、発酵食品、植物繊維など有効とされていますが、何よりも「便秘」をしない、腸にためこまず、出すものをすぐに出すことです。ウィルスを排出しやすいように、快便な状態であり、便秘にならないようにすることが大切です。

水素水を日常的に飲んでいると、活性酸素の害を少なくすることで、体全体の抗酸化機能がたかめられ、体調が良くなり、免疫力はアップします。さらに水素水は便通を良くして腸内環境を整えてくれるので、水素水を飲んでいると腸内の免疫機能がさらに活性化します。水素水を飲むことで、体調が良くなり、免疫力が高くなっている体は、インフルエンザウィルスに強いといえます。

実際に水素水を飲んでいるお客様のアンケートには、「風邪をひかなくなった」「去年はインフルエンザにかからなかった」というお声も多くあります。水素水を飲む習慣は喉を潤してくれます。就寝中に喉が乾燥しても、起きた時に水素水を飲めば、体の隅々まで水素が拡散して活性酸素を除去してくれます。規則正しい生活習慣を行ったうえで、水素水を取り入れた生活を送っていると、免疫力がアップし、腸内環境も整えられているので、インフルエンザウィルスに強い発症しにくい体になっていると言えます。インフルエンザは、昔に比べると特効薬を使用することで症状を軽く抑えられるようになってきましたが、まずはインフルエンザに感染しないことが一番大切です。

手洗い・うがいはもちろんのこと、規則正しい生活をして、代謝を上げ免疫力の高い生活を送りましょう。

水素水を取り入れた健康的な生活は、インフルエンザ予防にもなります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です