水素水が痛風の予防に効果的!

痛風は現在日本で60万人~70万人もの方が苦しんでいるといわれる病気です。ただし、痛風予備軍といわれる人は650万人程度いるといわれていて、そのほとんどが男性です。

日々の不摂生が祟ったのか痛風になってしまい、日々、痛みと戦っている方がいらっしゃいますが、他人事ではありません。予備軍の方もある日突然、何の前触れもなく足の指の付け根に激痛が走る!なんてこともありえますよ。

一般的に痛風が起こる原因は、尿酸値の高さと言われており、血中尿酸濃度が上昇し、飽和濃度を超えると、尿酸塩になります。尿酸塩は100mlあたり、6.8mgしか溶けないため、それを超えると結晶化します。尿酸結晶は、針のように尖ったものもあり、神経を刺激すること、そして関節に溜まることで炎症を起こします。また、人体に備わっている防衛機能の白血球が反応し、攻撃することが痛みに繋がります。痛風になるまでは時間がかかると言われていて、尿酸値が高い期間が8年程度過ぎると発症するとされています。

水素水の基本的な効果は、活性酸素を還元し無害な水に変えること、といわれていて、論文でも証明されています。痛風の予防は、尿酸値を下げることが必要です。対策として一番大切なのは通常の食事に気を付けることですが、全ての食材を避けることは出来ません。

そこで適切な量を摂取し茹でて食べる、お酒を飲む量も注意するなどの対策をすることで、原因の一つでもあるプリン体の摂取量が減ります。また、血液をサラサラにすること、活性酸素を除去することも効果があります。

痛風の方は通常の人よりも活性酸素を作りやすい体質なので、活性酸素の悪い影響を受けやすくなっています。抗酸化力のある水素水を飲むことで血流の循環が良くなること、尿酸が結晶化するときや体の中で痛風が生まれるのを助けている活性酸素を除去することで痛風への予防へと繋がります。

当然のことながら「水素」は薬でもないため、効くでも治るものでもありません。炎症を抑える効果や痛みの原因となる活性酸素を除去するといっても痛風の痛みが改善せず、あまりに酷いようなら病院へ行きましょう。

痛風発作は一時的に痛みがなくなっているというのを知らずに、治ったと勘違いして、病院へ行かない人もいます。痛風は、生活習慣が原因になることが多いため、医療機関にかかってもすぐに治るわけではありません。だからといって、病院に行かずして我慢するのではなく、今の身体の状態を教えてもらうことで、今後の生活習慣の対策ができます。放置してしまうと、知らないまま悪化するということもありえるため、痛風についてしっかり知っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です