競馬界でも水素水が活用されている!

競馬界で水素水が活用されていることを皆様はご存知でしたか?

水素水は人間だけでなく多くの動物達にも活用されるようになりました。

なかでも競馬界で水素水は愛され、現在も活用されています。

レースに勝ち抜くために競馬界で活躍するサラブレッドの生活はデリケートです。

競走馬の約 90%、乗用馬の約 70%は胃潰瘍を保有していることが胃内視鏡を用いた研究により明らかにされています。

胃潰瘍は馬特有の胃の構造や、不規則な食餌、ストレス、運動などが要因とされ、食欲不振やボディーコンディションの低下、疝痛(せんつう)が引き起こされます。

胃潰瘍は「沈黙の潰瘍(silent ulcer)」とも呼ばれており、運動器の疾患のように目に見える症状を示さないので、「わかりづらかった」(JRA競走馬総合研究所)という馬を管理する調教師などは、食欲や体調、運動のようすから判断し、これまでは十分な休養をとらせるなどで対処してきた。

競走馬ともなると、毎日のように騎手を背負って厳しいトレーニングを積んでいる。競馬場などへの輸送も負担になる。食欲が落ちたり、住環境が変化したりして体調が優れないこともあるだろう。しかも、強い馬ほど自身で体調をコントロールする能力が高く、賢いとされる。

JRA競走馬総合研究所は、「人間と同じですよ。人間でもストレスが原因で胃潰瘍に罹る人は少なくないでしょう。食べ物が偏ると胃に負担がかかり、胃潰瘍になるリスクが高まりますが、それと同じようなことが馬にもあると考えています」と説明する。

さらに、馬の胃潰瘍の原因については「馬は神経質ですから」としたうえで、こう説明する。「馬の胃はサッカーボールよりも少し小さいくらいの大きさなので、すぐにおなかをすかしますし、いつも草を食んでいます。その一方で、馬は音やモノの動きなどに敏感で、怖がりで気が小さいところがあります。胃液の分泌量などによって胃に変化が生じ、胃への負担が増すことで胃潰瘍を引き起こすとみています」

実際の治療にも、人間に処方される薬が投与されるケースが少なくないようだが、投薬までには検査を繰り返す。「サラブレッドは品種改良を繰り返していますから、クスリに弱いんです。とくに飲み薬は慎重です」と、かなり神経を使っているようだ。

現在、主な胃潰瘍の治療法は投薬ですが、高額な薬剤を長期間投与し、治癒後も予防のための継続的な投与が必要な為、飼養者は馬の健康管理並びにコストの問題を抱えています。

研究成果によると、水素水を飲むことで馬の胃潰瘍の発症に予防効果があることが明らかになったという。水素水を飲むことで馬の胃潰瘍の発症に予防効果、胃腸症状の改善効果が認められていることから、馬の胃潰瘍発生への予防効果を期待し、水素水飲用による馬の胃潰瘍発生抑制効果について研究が勧められ、多くのトレーナーの皆様が競走馬の食や運動といった基本的なライフスタイルの中に水素水を取り入れています。

一流のアスリートと同様にサラブレッドは身体が 資本。

今後も一流のサラブレッドを支える水素水に注目です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です