水素で肩こり改善!

水素水で肩こりが治った。

水素水を愛飲してきた方の中には、こんな実感を持った人がとても多いそうです。

国民病とまで言われる“肩こり”。ここでは水素水・水素と肩こりの関係についてご紹介します。

徐々に外出自粛の緩和がみられる地域があるものの、まだ以前のように出かける事が出来ず、家で過ごす時間が多いでしょう。

そのなかで、肩こりがひどくなってきたり、悩みはじめたりする人もいるのではないでしょうか。

実は肩こりの原因となる生活習慣は自宅で過ごす姿勢に多くあります。

肩こりとは肩の周りの筋肉が緊張し、硬くなってしまうことで起こります。

筋肉が緊張すると血管が圧迫され血の流れが悪くなります。

すると筋肉の疲労がたまりやすくなり、症状がひどい場合にはしびれや痛みまで感じてしまうことがあるのです。

このように筋肉が緊張してしまう主な原因として、姿勢や運動不足が挙げられます。

デスクワークによる長時間の作業姿勢や、スマホやテレビを見ている時の「猫背」の姿勢では肩回りの筋肉が使われないため、筋肉の緊張につながり、肩こりにつながるというわけです。

そして近年、肩こりに悩む人が増えた最大の要因が「生活習慣の変化」です。

パソコンやテレビゲーム、デスクワークなどで、同じ姿勢を長時間保つ生活習慣が、首や肩への負担を急増させ、これが“肩こりの負のスパイラル”を招いていました。

同じ姿勢を保つために肩の筋肉が緊張状態になると、筋肉が血管を圧迫して血行が悪くなる。

すると血管内は酸素不足になり乳酸などの疲労物質が蓄積。これを神経が感知して痛みが発生する。

これが肩こりの“負のスパイラル”スタート地点。痛みが出た部分では、再び筋肉の緊張が起こり、血管を圧迫、血行が阻害され疲労物質が蓄積、するとまた痛みが…。

これを繰り返すことで血流が悪い場所では時に炎症が起きることもあります。頑固な肩こりは、生活習慣が引き起こす“慢性的な激しい筋肉痛”なのです。

では、水素水を飲み始めてから“肩こり”が治った、軽減したと感じている人が多いのはナゼなのでしょうか?

体験者の生活習慣が大きく変わったわけではないはずです。ポイントは肩こりの原因になる『血流』と『乳酸』と『炎症』にあります。

近年の研究によって、身体の中に水素を取り入れた際に「血管の拡張」、「血流の上昇」が起きていることが国際医療福祉大学などによって、報告されています。

同じ姿勢を続け、肩の筋肉がこわばって、血流が悪くなることが「ひどい肩こり」の一因。身体に浸透した水素が血流をアップさせれば、肩こり改善にも効果が見込めるはずです。

また血管内に貯まる疲労物質、乳酸についても注目の研究結果が発表されています。

筑波大学などのチームによると、運動前に水素水を飲むことで「乳酸の上昇を抑える」ことが分かっています。

運動後の疲労だけでなく、乳酸は肩こりにも大きく関係している原因物質です。

さらに、肩こりで血流が悪くなった場所で起きる炎症にも水素水・水素はとても効果的。

水素水・水素には優れた抗炎症作用があることも分かっており、ひどい肩こりの原因となる首の付け根の炎症にも効果が期待されています。

最近は整形外科もこの効果に注目し始めました。

また水素を直接皮膚から取り入れて患部に届ける“水素温浴”は、身体も温まり肩こりにとても効果があった!という体験談が数多く聞かれます。

ただし、一部の肩こりは、生活習慣が原因ではなく怖い病気のサインである可能性もあります。

ひどい場合は、必ず病院に行くことが大切。

痛みの原因をしっかりと見つけた上で、ストレッチや生活習慣の改善などを行いながら、肩こりを水素水・水素温浴で改善・解消!

負のスパイラルを断ち切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です